忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
エンタメ@ニュース



×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


元プロ野球選手の新庄剛志は日本ハム時代は年俸が2億円ほどあったそうですが、それ以外にもCMのギャラなどがあり年間10億円近くあったのではないかとも言われています。


新庄剛志は初めてもらった給料はすぐに使ったとか、フェラーリを買ったとか話していてお金を貯めるタイプではないとも言っていました。


そのためか年俸の少ないニューヨークメッツに移籍した際には生活費のためにと自身のフェラーリをオークションで販売していました。


野球選手を引退したあとも競走馬を買ったとか馬主になったという話も効いたことがあります。


今はあまり表には出てこないですが、今も生活できていてファッションブランドの運営などをやっていたことを考えるとそれなりに貯金はあったのでしょうね。





PR

千葉県にある鶴舞CCで開催されている国内女子ツアー第4戦目「サイバーエージェントレディスゴルフトーナメント」で不動裕理さんが優勝しました。


不動裕理さんは以前はよく優勝者として名前が出てきていましたが、最近は若手におされ気味でしょうかね。

ツアー通算50勝なのでかなり多いほうではあるでしょう。


今の女子プロゴルファーのようなファッションに気を使ったり派手という風でもなく、地味とか落ち着いているという風に言われます。

そういうことを考えるとここ数年で女子ゴルファーが増えた風にも感じますね。


宮里藍さんあたりから増えた気も。 ゴルフはデコボコ荒くなっているのでかなり難しいのだそうですね。
 

デーブ大久保さんもスポーツ選手でありながらも成績はあまりよくなかったようです。
 

体力だけでは結果が出せないようです。

50勝で3000万円とすると15億円は稼いでいるということになるでしょうか。


サイバーエージェントなのでアメーバの藤田さんの会社でしょうか。


プロ野球に参加できるほどになりたいと語っていましたがゴルフには参入ですね。


松井秀喜選手松井秀喜さんの交際相手ではいろいろな名前が出てきていて、20代の頃は神戸市に住む社長令嬢、大金持ちで松井選手が出場した試合を観たあとに、高級ホテルで食事をし、飛行機で神戸市へ帰っていったというものがありました。
 

松井秀喜選手は芸能人・タレント・女子アナウンサーは選ばない、育ちの良い女性を選ぶとか、やはり格が違うという表現もされていました。
 

その後は松たか子さんや、酒井美紀さん、戸田菜穂さんとの交際が出ていました。


酒井美紀さんとの交際報道では酒井美紀さんが交際しているようなことをほのめかすものの、松井秀喜選手はそういうつもりではないようだったので、まだ恋人未満だったのでしょう。


その後の戸田菜穂さんの場合には結婚前提とか、結婚の可能性が高いという風にも言われていました。


結局結婚したのは長澤まさみさんに似ていそうで似ていなかったという北陸出身の女性と結婚しました。


スポーツ用品会社に勤務していたとか、いろいろ噂も出ていましたが、あまり多くは語りませんでしたし、今でも女性はどんな人かも分かりません。


松井秀喜選手となればやはり子供のこと、二世ジュニアのことも気になるところでしょうかね。

長嶋茂雄さんや王貞治さんのところも大きくとり上げられたそうですが。



安藤美姫(トヨタ自動車)さんがフィギュアスケート世界選手権の女子で4年ぶり2度目の優勝を果たしました。


ここ数年は浅田真央さんの次の選手のような存在にもなっていましたが、時代がやってきたという感じでしょうかね。


「気持ちと演技の一体感を何となく出せるようになった。そういう達成感がある」
 
「調子が悪くても自分の演技ができるようになった。(バンクーバー)五輪の後、スケートを心から楽しめる方法を自然に見つけられた」
 

安藤美姫さんは4回転ジャンプができるということで期待も高かったですが、フィギュアは総合点なので実際は優勝から遠ざかる日々が続いた風でもあります。
 

求められるものに合わせるよりも、自分のしたい演技をやるということに重点を置いていたようでしたが、今はいかに良い点を出せるかを求めている風でしょうかね。
 

バンクーバオリンピック後はモスクワで練習を重ねているそうですね。
 

浅田真央(中京大)「自分の力を出せなかった。悔しいけど、積み重ね(が必要)だと思う」
 

初出場で8位村上佳菜子(愛知・中京大中京高)「強い気持ちで試合に臨めるようになった」

フィギュアスケートはレッスンにはかなりのお金が必要と言われますが、安藤選手は父を亡くしているので、母親ががんばっていたのでしょうかね。



韓国メディアが報じたところによると、国際スケート競技連盟(ISU)ホームページの2011世界選手権大会選手別記録で、キム・ヨナは平均週48時間、安藤美姫は28時間、浅田真央は19-21時間ずつ練習してきたことが確認されたとのことでした。


キム・ヨナ選手と浅田真央選手はライバル的存在として比べられますが一日4時間の違いがあるようですね。


韓国ではどの職種に関係なく、専門部分に時間をかける、勉強・学習。訓練と言うのには専念する雰囲気もあります。


キム・ヨナ選手は韓国ではスーパースターで、CMにも多く出ているとのことなので、やはり世間の期待とか、さらなるレベルアップをしようという意識にかられるのかもしれませんね。


今回の世界選手権17選手の週平均練習時間は26時間、浅田真央選手は2番目に練習をしない人なのだそうです。


キム・ヨナ選手は毎日7時間、安藤美姫選手は4時間、浅田真央選手は3時間程度という状況でしょうか。
 

浅田真央選手は意外と練習はしないタイプだったとは意外ですね。


けっこう演技にはこだわりを見せ、とことん追求している風に見えていましたが。


週平均練習時間は26時間ということを考えるとキム・ヨナは平均週48時間はかなりずば抜けていますね。
 

やはり練習すれば結果もついてくるという名言は本当だったのか。 フィギュアスケートは施設が少ないなどもあり続けるのはかなりの予算が必要とのことでした。
 

浅田真央選手は親が経営者なので、余裕があるのだそうです。 なんとなく育ちや家も裕福な方と言う印象はありますしね。


 1  2  ≫
HOME
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
アクセス解析
  
>
忍者ブログ [PR]